オープニングバイトがお得な理由

オープニングバイトを狙うなら飲食店!

特集

狙い目は飲食店

バイト初心者にオススメのオープニングスタッフですが、その中でも一緒に働く連帯感の味わえる飲食店は一番のオススメといっていいかもしれません。なぜオススメなのか、メリットは何なのか、デメリットはどういうものがあるのか。それについて簡単に説明していきましょう。

飲食店で働くことの特徴

飲食店で働くことの特徴

飲食店のオープニングスタッフの最大のメリットは「みんなで一緒にお店をつくっていく」という気分が味わえ、バイトのモチベーションが上がることではないでしょうか。働く場所はキッチン、接客と違いはあるかもしれませんが、オープニングスタッフの場合はゼロからそのお店にかかわっていることは同じです。当然のことながら不慣れゆえの失敗はいろいろあるでしょうが、時には叱られ、時には励まされてお店を盛り立てていくことは貴重な経験でしょう。コンビニと違ってスタッフの数が多いのもメリットです。これは好き嫌いもあるでしょうが、たくさんの人間がお店を成長させていく気分が味わえるのは飲食店ならではといえるでしょう。

チェーン店での特徴

飲食店のオープニングスタッフにはチェーン店のものと個人営業店のものの2種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。
チェーン店の場合はオープン前でも既存の店舗がありますので、そこで研修を行うことになります。最初からお客さんを相手にした研修を行うわけですから、当然のことながら実践的な経験が身につくことになります。研修先では社員さんや古参バイトから、いろいろなことを教えてもらうことができます。これは開店後も同じで、他店舗のスタッフが指導に来てくれますから、安心して分からないことを聞くことができるのもメリットです。
ただ、研修期間中は既存店の人間関係に放り込まれるわけですから、たとえ1カ月前後の期間とはいえ、そうした煩わしさを感じてしまい可能性があるのはデメリットでしょう。また、早い時期から実戦に投入されることはバイト初心者にとっては精神的に負担になりますので、研修期間中に失敗続きで萎縮してしまうケースも考えられます。

個人経営店での特徴

これに対して個人経営店は研修に使える他店舗がありませんから、開店前の研修はお客さんのいないお店を使ったシミュレーション形式で行うことになります。実際にお客さんを相手にした研修ではありませんので、開店後に不測の事態に直面したらどうしようかという不安はどうしても残ってしまいます。
また、既存店から教えに来てくれるスタッフも当然のことながらいませんので、迷ったときに誰に聞いたらいいのかが分からないというのもデメリットでしょう。ただ、最初から実戦に放り込まれないのは、バイト初心者にとっては心理的負担が小さいというメリットがあります。本番でやってはいけない失敗を重ねながら、ゆっくりと成長していくことが許されています。そして、そのお店では全員が一から人間関係を始めますので、既存に人間関係というものがありません。このため、人間関係の煩わしさが少ないというのもメリットでしょう。
チェーン店と個人経営店はそれぞれ一長一短。どちらがいいかは好みの問題なので、自分で決めるのがいいのではないでしょうか。

バイト初心者におすすめ記事

  • 狙い目は飲食店

    オープニングバイトは、アルバイトの募集をきっかけに集まったバイト仲間たちと一緒に丁寧な研修を受けることができるため、どんなバイトよりも仕事を覚えやすい環境だと言えるでしょう。そのため、初めてアルバイトをする人や経験の少ないバイト初心者にも最適です。特に、バイト初心者が狙うべきなのは、飲食店のオープニングバイト。お店のオープンに向けて仲間と力を合わせる楽しさがあり、オープン時の達成感と感動を共有できるため、働くことの楽しさを思い切り味わえるはずですよ。

  • 給与明細は確認しよう

    オープニングバイトで働きだした初心者の方に気をつけてほしいのが給与明細の確認です。初心者の方は特に、働いてお給料をもらうというその経験だけで満足してしまいがちですが、「もらえるはずの金額が正しく入金になっているか」を確認するという一歩踏み込んだ意識を持つことも大切なのです。給料明細の確認は、単純に計算ミスを見つけるための行為ではなく、バイトであろうがお給料をもらう以上はプロなんだという自覚を育成する効果もあります。

Copyright (C) 2015 オープニングバイトがお得な理由 All Rights Reserved.