オープニングバイトがお得な理由

オープニングバイト入門!研修のパターンを知ろう

特集

研修のパターン

ファミリーレストランをはじめとする飲食店のオープニングスタッフのバイトは、求人が多かったり、人間関係にわずらわされる可能性が低かったりと、メリットが多いためバイト初心者にオススメです。バイト募集からオープンまで時間があるため、しっかりとした研修が行われるのもメリットのひとつですが、その研修はどういう形で行われるのでしょうか。それについて説明していきましょう。

パターンは大きく分けて2つ

パターンは大きく分けて2つ

オープニングスタッフの研修の方法は、大きく分けて2つあります。ひとつは既存の別の店舗を使うものです。大手や中堅のチェーン店では、実際のバイト先の店舗が開店する前でも別の店舗が営業していますので、そこのスタッフと一緒に働くという形で研修を行うものです。
もうひとつは、開店前のバイト先の店舗を使用して研修を行うものです。個人営業の飲食店などはこのパターンが多いです。店舗が完成してからオープンまではいろいろな準備が必要ですので、ある程度の時間がかかってしまいます。その期間を利用して、お客さんがいない状態で研修をやってしまおうというものです。

他店舗での研修

まず、他店舗を利用した研修のメリットは、実際にお客さんを目の前にした実践的な訓練が行えるということです。お客さんのいないシミュレーションと、お客さんのいる実戦では雰囲気も違えば、突発的な自体が起きる可能性も違います。そうした中で、既存店ですでに働いているスタッフからいろいろと教わりながら仕事を覚えていくことができるのは、この方法のメリットだといっていいでしょう。
とはいえ、デメリットも当然のことながらあります。まず、いきなり実戦に放り込まれるということは、特にバイト未経験者にとっては心理的に負担になります。慣れていない以上、仕事上の失敗はある程度仕方ないわけですが、失敗続きで本来の店舗で働く前に萎縮してしまう可能性もあります。また、既存店ではすでに人間関係がある程度出来上がってしまっていますから、人間関係の煩わしさもあります。研修の期間は1カ月前後とはいえ、耐えられない人には耐えられないのではないでしょうか。

開店前の店舗での研修

これに対して、開店前にシミュレーションを行うタイプのメリットは、実際にお客さんと接することがないため、研修の心理的な負担が小さくなることです。特に不慣れなバイト初心者にとっては、お客さんの前ではしてはいけない失敗も、シミュレーションなら必要以上に気にする必要がないのは好都合です。基本的に全員が一から人間関係を始めるので、人間関係の煩わしさが少ないのもメリットでしょう。
デメリットは上記の逆です。研修期間中にお客さんと接していないわけですから、当然のことながら本番では勝手が違う面が出てきます。また、飲食店でのバイト経験の有無はともかく、少なくともその店に関しては「ベテラン」と呼べるようなスタッフはいないわけですから、誰に教えてもらったらいいのか不安になってしまうこともあるかもしれません。
研修の方法によって、バイトはこれだけ違ってくるのです。オープニングスタッフのバイトを希望しているあなたは、どっちが自分に向いているのかよく考えてみましょう。

バイト初心者におすすめ記事

  • 狙い目は飲食店

    オープニングバイトは、アルバイトの募集をきっかけに集まったバイト仲間たちと一緒に丁寧な研修を受けることができるため、どんなバイトよりも仕事を覚えやすい環境だと言えるでしょう。そのため、初めてアルバイトをする人や経験の少ないバイト初心者にも最適です。特に、バイト初心者が狙うべきなのは、飲食店のオープニングバイト。お店のオープンに向けて仲間と力を合わせる楽しさがあり、オープン時の達成感と感動を共有できるため、働くことの楽しさを思い切り味わえるはずですよ。

  • 給与明細は確認しよう

    オープニングバイトで働きだした初心者の方に気をつけてほしいのが給与明細の確認です。初心者の方は特に、働いてお給料をもらうというその経験だけで満足してしまいがちですが、「もらえるはずの金額が正しく入金になっているか」を確認するという一歩踏み込んだ意識を持つことも大切なのです。給料明細の確認は、単純に計算ミスを見つけるための行為ではなく、バイトであろうがお給料をもらう以上はプロなんだという自覚を育成する効果もあります。

Copyright (C) 2015 オープニングバイトがお得な理由 All Rights Reserved.