オープニングバイトがお得な理由

世界が注目するパティシエ、Janice Wongのショップが日本に上陸!

特集

シンガポールNo.1のスイーツ「janice wong」

2016年の春に日本初上陸予定であることが発表されて以来、スイーツファンから熱い注目を集めているのが、シンガポールのパティシエ、Janice Wong(ジャニスウォン)のお店です。

アジアでNo.1の実力を持つパティシエ

アジアでNo.1の実力を持つパティシエ

ジャニスウォンは、今世界からもっとも注目されている女性パティシエで、シンガポールのデザート女王と呼ばれる実力者です。「アジアのベストレストラン50」においてアジア最優秀パティシエ賞を2年連続で受賞した他、ワールドグルメサミットチャンピオンなど数々の輝かしい受賞歴を持つ彼女は、まさにアジアNo.1のパティシエといえるでしょう。
シンガポール出身の彼女は、パリの「LeCordonBleu(ル・コルドン・ブルー)」という料理菓子の名門校でベーキング&ペストリープログラムを学び、卒業後はピエール・エルメやオリオール・バラゲなどに師事し、2007年に自身のお店「2am:dessartbar」をシンガポールにオープンさせました。

「2am:dessertbar」

ジャニスウォンがオーナーシェフを勤める「2amdessertbar(2amデザートバー)」は、シンガポールのホランドビレッジにあります。その名の通り、深夜2時まで営業していて、デザートとワインを堪能できるスタイリッシュな空間。2amdessertbarで提供されるスイーツには、柚子や味噌など日本の食材を取り入れたものもあり、シンガポールの人たちから人気を集めているそうです。

食べられるアート

ジャニスウォンのスイーツの特徴は、味もさることながら何といってもその見た目の美しさにあります。彼女自身が「edibleart(食べられるアート)」と表現している通り、まさに芸術。色使い、形、盛り付けなど、細部に至るまで、ひとつひとつが見る人の目を奪うアート作品なのです。デザートを盛り付けるお皿は、彼女自身が描いた絵をベースにつくられたオリジナルのものも。その多才さとセンスに驚かされます。

注目の日本1号店は東京

そんなジャニスウォンのスイーツ店が2016年春にいよいよ日本に初上陸するとあり、詳細はまだ発表されていませんが、大変な注目を集めています。ジャニスウォンのスイーツを待ちわびるファンは大勢いて、ツイッターなどのSNSでも話題沸騰中です。東京の1号店オープン時には行列必至。こまめにバイト求人情報をチェックしておけば、オープニングバイトとして働くことができるかも?どんな素敵なお店ができるのか、来年の春がとても楽しみです。

バイト初心者におすすめ記事

  • 狙い目は飲食店

    オープニングバイトは、アルバイトの募集をきっかけに集まったバイト仲間たちと一緒に丁寧な研修を受けることができるため、どんなバイトよりも仕事を覚えやすい環境だと言えるでしょう。そのため、初めてアルバイトをする人や経験の少ないバイト初心者にも最適です。特に、バイト初心者が狙うべきなのは、飲食店のオープニングバイト。お店のオープンに向けて仲間と力を合わせる楽しさがあり、オープン時の達成感と感動を共有できるため、働くことの楽しさを思い切り味わえるはずですよ。

  • 給与明細は確認しよう

    オープニングバイトで働きだした初心者の方に気をつけてほしいのが給与明細の確認です。初心者の方は特に、働いてお給料をもらうというその経験だけで満足してしまいがちですが、「もらえるはずの金額が正しく入金になっているか」を確認するという一歩踏み込んだ意識を持つことも大切なのです。給料明細の確認は、単純に計算ミスを見つけるための行為ではなく、バイトであろうがお給料をもらう以上はプロなんだという自覚を育成する効果もあります。

Copyright (C) 2015 オープニングバイトがお得な理由 All Rights Reserved.